トチペ

パワースポット巡りで運気アップ!

平出 雷電神社

古来から人々に親しまれる「雷電様」

京都上賀茂明神を祀り、「厄除け」「雷除け」「方位除け」「家内安全」などのご利益があるとされ、多くの人々に「雷電様」の名称で親しまれている。

宇都宮市平出町3848
TEL:028-661-5372

新春祈祷

歳旦祭 1/1 0:00
新年特別祈祷 1/1 7:00~16:30
1/2~10頃 9:00~16:30

【パワースポット】
青龍・白虎・朱雀・玄武が彫られた珍しい灯籠。


栃木縣護國神社

英霊に思いをよせ、心を癒せる護国の森

明治5年に、戊辰の役に殉じた戸田忠恕公を中心とした97柱の英霊を祀ったのが始まり。靖国神社や全国の護国神社と同じく、国家公共に尽くした英霊に感謝するとともに、郷土・国家・世界の繁栄と平和、人々の幸福を祈る場所として、あつく信仰されている。

宇都宮市陽西町1-37
TEL:028-622-3180

新春祈祷

歳旦祭
1/1 0:00 新年特別祈祷
1/1 0:00~17:00
1/2~ 9:00~16:00

【パワースポット】役立たずの御柱
「役立たず」と思う物を「役立ち」に変えてくれる御柱。願事を唱えながら「4回」御柱を叩くと願いが叶うと言われている。


雄琴神社

伊勢へ七たび熊野へ三たび雄琴様へは月参り

壬生町の中心部に鎮座し、戦国時代に当地を治めた壬生氏の氏神として崇敬され、現在も壬生町の総鎮守とされる。境内の本殿・拝殿・随神門は、江戸時代に造営され壬生町の文化財指定を受けている。家内安全、社内安全、方位厄除にご利益あり。

下都賀郡壬生町通町18-58
TEL:0282-82-0430

新春祈祷

歳旦祭 1/1
午前0時の太鼓とともに大勢の初詣客でにぎわう。
筑紫舞(つくしまい)0:00と10:00に奉納。

新春特別祈祷
0:00~2:00 10:00~16:30
※10:00は大変混雑のため、前日までの予約の人優先。
※無料甘酒と御神酒(なくなり次第終了)
1/2以降は9:00~

【パワースポット】お水取り
日光連山より流れる黒川の伏流水を地下50mから汲み上げた、水温15℃の御神水。パワースポットとして人気を集めている。


多氣山不動尊

開運! 除夜の鐘をつきに行こう

宇都宮市の西北にある多気山(376m)の中腹に位置し、822年、日光開山勝道上人の弟子尊鎮法師により創建された。不動明王を御本尊とし、家内安全、商売繁盛、厄除開運、交通安全祈願や北関東三十六不動尊霊場・第十八番札所として知られている。108段の参道階段両脇には、足の神様足尾大権現や水子供養地蔵尊、学問の神様天満宮などが祀られ、山頂の御殿平では宇都宮の街を一望することができる。

宇都宮市田下町563
TEL:028-652-1488

新春祈祷

初詣・御護摩供修行
御護摩供修行は9:30~15:00に毎日行われているが、元旦は、0:00、2:00、6:00、8:30~16:00は1時間おきの11座。

柴燈大護摩火渡り祭
5月第3日曜日
万燈会(八朔祭の前日)
八朔祭(御本尊不動明王御開帳)
9月第1日曜6:00~15:00
本尊の不動明王が開帳される。

【パワースポット】樹齢600年の杉の木
木に手を当てればパワーがいただけるかも?


下野 星宮神社

人々の背負う星をお守りする 開運守護の宮

のどかな田園風景に囲まれた森の中に鎮座し、厄除け・方位除け・八方除けの開運導きの神様を祀る神社で、平安時代に創始された。

下野市下古山1530
TEL:0285-53-1706

新春祈祷

元旦
大晦日から元旦まで無料で甘酒を振舞う。
10:30~
新春特別太々神楽
※餅や福銭、くじをまく。

【パワースポット】ヘビの形のしめ縄
ヘビは復活と再生を表す生き物として、長寿や蓄財そして自然を司る象徴とされてきた。古来から伝わっているこのへびしめ縄に触れ、元気パワーや金運を授かろう。


白鷺神社

インターパーク、道の駅「しもつけ」から車で10分初詣・初祈祷は、厄除け・交通安全の神様を祀る上三川の白鷺神社へ

延暦2年(西暦783年)に、疫病退散を願い建立されたと伝えられている。御祭神は、全国を旅し日本に平和をもたらした「日本武尊」(ヤマトタケルノミコト)を祀る。平成25年に、ご鎮座1,230年を迎えた歴史ある神社。故実から、厄除け、方位除け、交通安全、家内安全の御利益がある神社として広く崇敬を集めている。

河内郡上三川町しらさぎ1-41-6
TEL:0285-56-4553

新春祈祷

新年一番祈祷 1/1
0:00より一度のみ斎行
※事前の受付が必要。
ご希望の方は神社まで連絡を。
新年特別祈祷 元旦
10:00~17:20 40分間隔
1/2以降
9:00~16:30 30分間隔
※当日の申し込みで受けられるが、各ご祈祷の10分前に受付締め切り。

【パワースポット】日本一の「平和の剣」
触れた者の悪運・悪縁等の災い事を断ち切り、開運・良縁をもたらす御神徳がある。お参りした際には必ず触れておきたい、白鷺神社のシンボル的存在。


下野大師 華蔵寺

下野大師諸堂参拝で開運成就

弘安5年(1282年)創建。児山城主の総祈願所として時を経た真言宗の密教寺院。大日如来がご本尊の安産・子育ての祈願寺。祈願・供養・体験修行で幅広い年代が参拝されている。

下野市下古山928-1
TEL:0285-53-1180

新春祈祷

新春初護摩祈祷
1/1 0:00/10:30/14:00
1/2・3 10:30/14:00
1/4・5 10:30
新春初詣祈願
9:00~16:00
1/1~5は特設テントにて御守りや縁起物を授与。
御神酒や甘酒(ノンアル)の振る舞い有。

【パワースポット】
境内には、良縁・子宝・夫婦円満・商売繁盛にご利益のある「聖天堂」、身体健全・当病平癒・目の病にご利益のある「薬師堂」をはじめ、願いを授ける「お授け石」や願い事の叶う、叶わないが分かる「おもかる石」、さまざまなご利益をいただける「なで大黒さん」など、パワースポット満載。


薬師寺八幡宮

新しい年に勝ち運・厄除け・災難除けの願掛けを

朝廷から重要視されていた下野薬師寺の鎮守神として749年に大分・宇佐神宮から勧請された。源頼義・義家親子が奥州平定の帰路に立ち寄り、鉄弓・鏑矢(社宝)を奉納し、ケヤキを手植えしたと伝えられている。別称「薬師寺郷鎮守八幡宮」。

下野市薬師寺1509
TEL:0285-48-0139

新春祈祷

新年祈願祭
1/1
0:00から随時
※1/2頃まで無料甘酒配布

【パワースポット】千勝神社(ちかつじんじゃ)
勝負の神様。社名を千(せん)に勝(かつ)とかけて、勝負に1000回勝つ! 病気平癒や必勝、厄除けを司るご祭神により“病魔に打ち勝つ”というご利益もある。鶴を折って参拝するのが通例だが、千羽鶴を奉納する人も多い。


下野國 鷲宮神社

家中に福を掻き込むお酉様

都賀町家中の総鎮守、“お酉様”として親しまれている。御祭神の天日鷲命(アメノヒワシノミコト)は、製紙、紡績の神でもある。大国主命(オオクニヌシノミコト)の御神徳は、家内安全、商売繁盛、さらには病気平癒から縁結びにまでおよぶ。

栃木市都賀町家中451-2
TEL:0282-27-1419

新春祈祷

新春特別祈祷
1/1
0:00~1:30
8:00~17:00
1/2~5
9:00~17:00

【パワースポット】夢たまご
卵にそっと手を置き心の中で願い事を三度唱えると、やがて現実のものとして生まれてくるとか。


朝日森天満宮

合格祈願!! 神牛が導くご利益

地元の佐野市の氏神として“天神様”と親しまれてきた。平安時代に唐沢城中に建てられたが、江戸初期に城を移す際に現在地に移転。大宰府天満宮に縁があることから学問の神様として知られている。春の梅、夏の神輿(7月第4金土日)も一見の価値大。

佐野市天神町807
TEL:0283-22-0434

新春祈祷

新春特別祈祷
1/1
0:00~
随時受付

【パワースポット】神牛「天神様のなで牛」
神牛は天神様のトレードマーク。耳もとでお願いを唱えながら、一番気にかかる所を優しくなでると、なでたところとおなじ所にご利益があるそうだ。専用タオルもある。


古峯神社

開運・火防 天狗の社

標高700mの広大な土地にあり、神社手前約6㎞の場所に高さ24mの“一の大鳥居”がある。火防の神として信仰されている日本武尊(ヤマトタケルノミコト)を祀り、家内安全・商売繁盛・交通安全・当病平癒・身体健全などの、すべての開運・除災・心願成就にご利益があるとされている。また、日光を開いた勝道上人の修行の場でもあったことから、多くの修験者が修行に訪れた。別名「天狗の社」とも呼ばれ、神社内参籠室や廊下には所せましと天狗の面などが掲げられている。天狗姿でつく正月用の餅つきも話題。

鹿沼市草久3027
☎0289-74-2111

新春祈祷

御祈祷は、毎日執り行われている。
8:00~17:00 
大晦日から元旦にかけては24時間受付。郵便祈祷も行う。

【パワースポット】烏天狗像大天狗像
天狗の間には、顔が赤く鼻の長い「大天狗」と黒いくちばしのある「烏天狗」が400年前から掲げられていて圧巻。


森友 瀧尾神社

縁結び・安産・子授のご利益が大!

目を引く「縁結び子宝の大注連縄」は、出雲大社と同じ作りで重さ300㎏、長さ4m、最大周囲1.7m。編まれている大きい二本の縄は両親を表し、房は3人の子どもを表している。つまり、5人家族を表現。子どもが1人では人口が減り、2人で現状維持、3人以上の子どもがいないと家の繁栄、社会の繁栄、国の繁栄はないといましめている。

日光市森友995
TEL:0288-22-5732

新春祈祷

新年特別祈祷
元旦
0:00~16:30
※2日以降は毎日
9:00~
16:30頃まで

【パワースポット】縁結び子宝の大注連縄
目を引く「縁結び子宝の大注連縄」は、出雲大社と同じ作りで重さ300㎏、長さ4m、最大周囲1.7m。編まれている大きい二本の縄は両親を表し、房は3人の子どもを表している。つまり、5人家族を表現。子どもが1人では人口が減り、2人で現状維持、3人以上の子どもがいないと家の繁栄、社会の繁栄、国の繁栄はないといましめている。


今市総鎮守 瀧尾神社

霊峰日光連山の神風を「かざぐるま」で受ける

御神体は霊峰日光連山と深い関係にあり、日光開山の祖 勝道上人が創祀した杉並木の沿道に佇む古社。主祭神は、田心姫命(タゴリヒメノミコト)、大黒様、恵比寿様。四季の風に乗った神様の力を風車で受け止めて、運力を高める。

日光市今市531
TEL:0288-21-0765

新春祈祷

元旦
特別祈願祭
1/1
0:00~2:00
随時
3:00~12:00
1時間ごと

【パワースポット】叶願橋(かのうねがいばし)
商売繁盛、恋愛成就、子授けなどのご利益がある橋。大鳥居をくぐり渡る前に願い事を5回唱え、神前にて参拝後、再度橋の手前で願い事を5回唱える。


日光大室 髙靇神社

病と厄を“落とす”山の水神様

建年月は不詳だが、源義家が滞在したといわれていることから、かなりの古社。自然豊かな大山の中腹にひっそりと鎮座し、厄除・病気平癒・心願成就の社として県内外から多くの参拝者が訪れる。苔むした石段や、木漏れ日に照らされた境内は趣があり、遊歩道が山頂まで伸びているので、初詣ついでにゆっくり散策してみよう。朱塗りの御本殿は江戸時代に建立されたもの。毎年奉納されるチェンソーカービングで彫られた干支は、山本和孝さん作で子から戌まで11体あり、一対の龍の“狛犬”も目を引く。

日光市大室1619
TEL:0288-26-6240

新春祈祷

大祓式 15:00 (大晦日)
新年特別祈祷 0:00~1:00(元旦)
新年祈祷 8:00~17:00(1/1~)

【パワースポット】御神水 「靇の水」
年間を通して14度の湧水は、無病息災の霊水として信仰され、飲料水用に参拝者が持ち帰っている。「靇」とは水を司る龍神のこと。オリジナルのペットボトルも有。水にぬらすと文字が浮き出る「水みくじ」で運だめしを!


大前神社

一年の計は元旦にあり 年初の詣は『大前神社』なり

本殿の周囲の“幸せ参り道”では、健康安全・美容良縁・合格商売金運といった願いに合わせ神力苑10社巡りができる。本殿を詣でた後は、参道をぐるりと巡り、自分の願い事にふさわしい神様にお参りしよう。

真岡市東郷937
TEL:0285-82-2509

新春祈祷

新春特別祈祷
8:30~16:30まで随時
※正月は延長
1/1
無料で甘酒のふるまいあり。

【パワースポット】えんむすびの社 大物主大國魂神社
大国主神の幸魂奇魂がお祀りされている縁結び・幸せ結びの良縁スポット。鈴緒に刻まれた自分に合った文字に願いを込めて参拝するとよいとされる。


さくら市 今宮神社

栃木県唯一 十二支全てを祀る神社

平安時代の1060年に創建。本殿は流れ造りで、さくら市では最古の建造物。厄除け・縁結び・安産・子授けにご利益がある。境内にはより力強いご利益がいただけるよう、干支の神様を詣でる十二支社が祀られている。自分の干支の神様に、今年初の願かけをしてみよう。

さくら市馬場43
TEL:028-682-2685

新春祈祷

大晦日
甘酒無料配布 おかわり自由
1/1~3
飲み物無料提供
※12/31~1/6は氏家小学校の臨時駐車場へ
1/1は歩行者天国

開運獅子舞が来る!
1/1~3 10:00~ 
獅子舞のご利益で今年の開運を。
1/2~3 10:00~
境内にて飴細工パフォーマー
「蜜咲ばぅ」の干支飴実演販売。
1/5 10:00~
DJ kei と須賀由美子による
新春パフォーマンス

【パワースポット】「十二支社」
「十二支社」で、生まれ年の干支の神様とご縁を結んで良い年にしよう。毎年12/12の12:00から十二支社の例大祭が行われる。十二支社には、いい気が入ってくる方角にある「巽門(たつみもん)」と「乾門(いぬいもん)」から出入りする。


益子 鹿島神社

プロスポーツ選手や芸能人に愛される勝負必勝の神様

仁明天皇の承和12年9月の創建とされる。大永、永禄年間に宇都宮盛綱、宇都宮広綱などが守護職と称して慶長9年には徳川家康より祭祀料として黒印を付せられ、慶安元年9月に三代将軍徳川家光より社領七石の朱印を賜った。明治10年には社格村社に加列。武甕槌命を主祭神とし、勝運武運(勝負運向上)、事業開拓発展 (職業隆盛)に御神徳があるとされる。陶芸でも世界的に有名な益子町の中心部に鎮座している。

芳賀郡益子町大字益子1685-1
TEL:0285-72-6221

新春祈祷

新春特別祈願祭
1/1 0:00~1:00(歳旦祭)
8:00~18:00
1/2~15 8:30~17:00

【パワースポット】益子焼で作られた夢を叶える「獏」の像
背中の夢の字を撫でながら願掛けをすると叶うと言われている。


亀岡八幡宮

古墳群に桜舞う神亀の八幡宮

後冷泉天皇の康平年中(1058~65)奥州征伐に際し、戦勝を祈願し、凱旋後神殿を造営。石清水八幡宮で遙拝戦勝を祈願、その時芦橿沼上に神亀が現れ奇瑞を示し、凱旋の後社殿を創建。康平7年(1064)勅命を以って亀岡八幡宮と称したことに始まる。1197年社殿を芦沼から現今の小宅に遷座。現在では亀神社として有名。

益子町小宅1369-1
TEL:0285-72-2593

新春祈祷

新春特別祈願祭
1/1 0:00~1:00(歳旦祭)
8:00~18:00
1/2~15 8:30~17:00

【パワースポット】なで亀
参道中腹に鎮座している神亀の石。体の悪い部分を撫でるとよくなると言われている。


芳賀 天満宮

初詣は天満宮で梅花見

社伝によれば、鎌倉時代の貞永2年に創立されたと伝えられている。古くは山城国の北野天満宮に象りて北野原と号し北原天神と称し、宇都宮頼綱の四男で多功城を築く宇都宮石見守宗朝の11代子孫、秀朝が永禄元年に修覆を加えると元禄10年記しの由来書にある。明治維新より神社名を天満宮と改称し明治5年5月、10カ村の郷社となり、菅原道真公太宰府へ左遷の時、攝津国より船に乗りて豊前国の水沼の浦でこそ船を懸けて動かざる時に、宇佐に祈念し博多の津に着き船戸に上がられたという由縁を移して、当地の村名を水沼と称し字を船戸と称することになったと伝えられている。

芳賀郡芳賀町西水沼1723
TEL:028-678-1138

新春祈祷

年越しの大祓
12/31 17:00~
新春特別祈願
1/1 0:00~17:00
1/2~ 8:30~17:00
※12/31 23:00~甘酒配布

【パワースポット】天神様のお使い願掛け撫で牛
天神信仰の中でも、天神様と牛とは切っても切れないものがあり、古くよりさまざまな縁起・伝承を見ることが出来る。境内には穏やかな顔をした石造りの神牛像があり、ご神牛の耳元で願い事を唱え、頭を撫でれば賢くなり、身体の痛む所を撫でれば病気回復、身体健全になるとして古来より篤く信仰されている。


八雲神社

厄除けと健康の大神様

八岐大蛇退治で知られる素盞嗚尊(スサノオノミコト)が主祭神。厄除けや健康のご利益があると、地元はもちろん遠方からも参拝者が訪れる。40年ぶりに改修が行われ美しく生まれ変わった大鳥居をくぐって、清々しく参拝できる。

芳賀郡茂木町茂木1609
TEL:0285-63-0479

新春祈祷

新春特別祈祷
1/1
0:00 9:00~17:00
※無料で甘酒と樽酒のふるまいあり。
1/2~
9:00~17:00

【パワースポット】二輪翁欅
神社所有地にあった欅の切り株から出てきた二つの年輪からなる翁欅を祀っている。自転車・バイクなど二輪車にまつわる無事故永乗祈願ができる。