黄ぶなの郷 宇都宮

赤いお顔にまん丸お目目、そしてひと際目を引く黄色い体。宇都宮市内循環バスの車体やおみやげ屋さんなど、宇都宮の街のあちこちで見かけるこの魚。名前を「黄ぶな」といいます。古くから無病息災を願って自宅に飾り、受け継がれてきた宇都宮市を代表する縁起物。 最近では根付やキーホルダー、缶バッジ、ぬいぐるみなどのグッズやお菓子など、かわいい「黄ぶな」アイテムも続々誕生♪ コロナ終息を願って、「黄ぶな」を巡る旅に出かけませんか。

「黄ぶな」とは?



  • 『むか~しむかし。宇都宮で天然痘が大流行した折、田川で釣り上げられた黄色い鮒を病人に食べさせたところ、たちまち病が癒えたそうじゃ…』。 この伝承にあやかり、張り子の「黄ぶな」を供え、各家庭で飾るようになりました。しかしこの話がいつ誕生したのか記録がなく、起源など詳しいことはわかっていません。ですが江戸時代末期頃には旧南新町(現在の不動前あたり)で張り子が作られていたそうです。正月と初市に張り子を買い、二荒山神社の神事「おたりや」で、達磨や縁起物と一緒に燃やしていたそう。 1999年に宇都宮市出身の作家・故立松和平氏が、この口づたえの物語を絵本「黄ぶな物語」として出版したことで、広く知られ始めました。



  • 9月27日は「黄ぶなの日」イベント開催! 宇都宮市の文化や歴史、店舗を知ってもらうきっかけをつくろうと、2022年に黄ぶな推進協議会が設立されました。2022年8月現在、物販や飲食店、寺社など36店舗・団体と、6つの協力事業者で活動しています。 来たる2022年9月27日に向けて23日にオリオン通りに「黄ぶな」タペストリー、バンバ広場で「黄ぶな」のぼりを掲げます。また、23日~27日までの5日間、加盟店舗では特別セール開催や、限定商品の販売を予定! 「黄ぶなの日」のイベントを楽しみましょう。ちなみに、 なぜ9月27日が「黄ぶなの日」なのでしょうか? 答えは「きぶな=927」の語呂合わせ。これで、来年の「黄ぶなの日」も忘れませんね。

黄ぶな推進協議会

住所:宇都宮市中心市街地
電話番号:-

「黄ぶな」御朱印を頒布中 「今泉 八坂神社」



  • 康平6(1063)年、宇都宮城築城の際、鬼門(北東)除けの鎮護として、神明宮を創始。時は流れて明治43年、博労町の八坂神社と合祀され、社号を八坂神社に改称しました。 1年を通し、月替わりで毎月1日から頒布される守護符「月参り符」。9月はまるっとした「黄ぶな」をあしらったデザインです。御朱印にも「黄ぶな」が登場。「疫病退散」を願い、2022年9月1日~10月中旬までの限定頒布です。



  • 「黄ぶな」の形をした大きな提灯と、約500体もの子黄ぶなが境内に! 2021年の天王祭では、陽北中学校の全校生徒が装飾作りに携わった「黄ぶな」のモニュメントが奉納展示されました。高さは約2.5メートル。この家内安全や無病息災を願う飾り物の奉納は、今泉 八坂神社において江戸時代から続く伝統行事です。2021年の様子は今泉 八坂神社の公式YouTubeで公開中。

今泉 八坂神社

住所:栃木県宇都宮市今泉4-16-28
電話番号:028-621-0248

洋菓子で伝える宇都宮民話「下野菓子処 うさぎや」



  • 大正4年創業。「チャット」でおなじみの老舗菓子店です。フランス焼菓子である「サブレー」に、酵豆粉と味噌を入れた独自のアレンジ「宇都宮民話サブレー黄ぶな物語り」は、食べた瞬間、サクッとした心地よい歯触りに、バターの薫りとコクのある旨味がスッと口の中に広がります。約20年前、作家・故立松和平氏の「黄ぶな物語」発刊の際に作られました。



  • 大正の洋館をイメージした外観は、宇都宮市まちなみ景観賞にも選ばれ、内装には大谷石や創業当時の木製看板もディスプレイされるなど、ノスタルジックな雰囲気が漂います。栃木にゆかりのある、詩人書家の相田みつをや、版画家・川上澄生が手掛けた包装紙にも注目してください。

下野菓子処 うさぎや

住所:栃木県宇都宮市伝馬町4-5
電話番号:028-634-6810

和菓子を食べて無病息災を願う「御菓子司 桝金 戸祭元町店」



  • 「とちおとめ」だけを使用したいちごジャムを、生クリームに通常の2倍入れた「生どら焼きとちおとめ2倍」が大人気! 宇都宮の老舗菓子店・桝金から、店の代名詞でもある「どらやき」に、待望のバターどらやきが誕生しました。おいしさとともに笑顔と安全な日常を取り戻してほしいという願いから、黄ぶなの伝承にあやかったかわいい黄ぶなの焼き印が押されています。



  • 四季折々、目にも鮮やかで職人の技が随所に光る練り切り菓子もお見逃しなく。食べるのがかわいそう!? になっちゃうかわいい「黄ぶな」の上生菓子も人気です。一つひとつ手づくりされています。

御菓子司 桝金 戸祭元町店

住所:栃木県宇都宮市戸祭元町1-1
電話番号:028-650-5030

家族の健康と安全を願う縁起物「人形会館 鈴為 バンバ通り本店」



  • 創業320年以上の歴史を誇る節句人形専門店鈴為。「黄ぶな」の伝承を基に、約20年前からちりめんと古布を使って、吊るし飾りや根付などの縁起物を販売しています。「魔除け」や「健康」、「成長」などの意味を持つ「黄ぶな」の吊るし飾りを自宅や会社に飾ったり、根付をカバンなどにつけたりして「疫病退散」を願いませんか。



  • お店は二荒山神社の斜め前。四季折々の和飾りやてぬぐいなどの雑貨、ちりめん細工や京友禅の小物など、和テイストあふれる小物がいっぱい! 和雑貨好きさんにはたまらない品ぞろえです。

人形会館 鈴為 バンバ通り本店

住所:栃木県宇都宮市馬場通り2-3-4
電話番号:028-636-3320